パソコン・ハードディスクが壊れたら・・・のTOPに戻る

データのバックアップ用のメディア


ハードディスクがクラッシュするというのは、予兆があるときもありますが、突然やってくることもあります。

したがって、バックアップをしておく必要があります。

バックアップを取るのには記憶装置が必要です。

記憶装置とは、「CD-ROM」、「CD-R/RW」、「DVD-ROM」、「DVD-R/RW」、「DVD-RAM」等の事を指します。




これは、光学ドライブと呼ばれるものです。これらについて説明します。

CD-ROM、DVD-ROMの二つはROM=Read Only Memoryの略です。読み込み専用の記憶装置です。

これらの記憶装置に書き込んで使える様に、コンボドライブと表示されているパソコンかCD-RW/DVD-ROMのように並べて表示してあるものを買うようにした方がいいと思います。

また、DVDの編集することをお望みの方は、DVD-RWもしくはDVDマルチができるものを購入する事をおすすめします。

外付けのハードディスクというのは、内蔵型のHDハードディスクに対して呼ばれているものです。

通常、デスクトップのパソコンでは3.5インチ、ノートパソコンでは2.5インチのハードディスクが内蔵されています。

しかしデータを大量に使っている人にとっては、容量が不足におちいるケースがあります。そういうときに便利なのが外付けのハードディスクです。

また、FDDというフロッピーディスクドライブは、昔からある記憶装置です。しかし、画像などのデータが一般化して、使用するデータが大容量化したため、もはやフロッピーディスクの容量は少なすぎて保存媒体には向かないと思います。

後はMOドライブというものもあります。FDDに比べて保存容量が大容量のため、バックアップを取るのにはいいと思います。容量は128MB〜1GBを超えるものもあります。

関連コンテンツ

パソコンの修理の時、データーは?

購入して3年も過ぎると、ノートパソコンもクラッシュするんじゃないかと心配になりますよね。 まだクラッシュを経験した事が無い人でも、頭の隅では少しぐらい考えているんではないでしょうか? もし・・・

データのバックアップ重要性

ハードディスクは、パソコンの部品の中でも壊れやすく、使っていると必ずと言っていいほどクラッシュします。 クラッシュ、故障すると最悪の場合、Hハードディスク中にあるデータは失われてしまいます。 ・・・