パソコン・ハードディスクが壊れたら・・・のTOPに戻る

データのバックアップ重要性


ハードディスクは、パソコンの部品の中でも壊れやすく、使っていると必ずと言っていいほどクラッシュします。

クラッシュ、故障すると最悪の場合、Hハードディスク中にあるデータは失われてしまいます。

データを復旧させるには、場合によってはデータ復旧ソフトで復旧する事が可能です。しかし、これはハードディスクがパソコンで認識できる事が前提ですので、HDそのものがクラッシュし、故障してしまうと認識できなくなるので、データ復旧ソフトなどのツールを使うことが不可能となってしまいます。



ハードディスクは消耗品ですので、常にバックアップを取っておく必要があります。

基本的にハードディスクは修理できません。

パソコンを修理にだした場合、ハードディスクを交換するとデータは完全に失われてしまって、復旧する事ができなくなってしまいます。

ハードディスクは、お金を出して新品に交換すれば元に戻りますが、中に入っている自分の貴重なデータ、情報類は復旧できなくなってしまうのです。

特に写真などの画像は、失ったら大損失以外の何者でもないと思います。

ハードディスクはいつ壊れるか分からないので、CD−RやDVD−Rなどの記憶装置に常にバックアップしておく事が大切だと思います。

バックアップは面倒なので、怠りがちです。しかし、書類などは面倒でも再作成すれば元に戻るかもしれませんが、画像などは、データ復旧業者にお金をかけてでも復旧してもらわなくてはならなくなるかもしれません。復旧業者でも、完全な復元は難しいことが多いですし、それでも相当な金額を請求されることを覚悟しなくてはなりません。

故障したパーツ、部品類は交換すれば新しくなります。しかし、失ったデータは交換しても元に戻りません。

常にバックアップをとるように心がけましょう。

関連コンテンツ

パソコンの修理の時、データーは?

購入して3年も過ぎると、ノートパソコンもクラッシュするんじゃないかと心配になりますよね。 まだクラッシュを経験した事が無い人でも、頭の隅では少しぐらい考えているんではないでしょうか? もし・・・

データのバックアップ用のメディア

ハードディスクがクラッシュするというのは、予兆があるときもありますが、突然やってくることもあります。 したがって、バックアップをしておく必要があります。 バックアップを取るのには記憶装置が・・・