パソコン・ハードディスクが壊れたら・・・のTOPに戻る

外付けハードディスクとスキャンディスク


外付けhddは、最近は大容量のものが目立ちますね。

システムドライブ以外の場所で、家庭やオフィスで大事なデータを保管するためにはマストアイテムとも言えます。

外付けhddに、かなり大事なデータ、子供の成長過程を摂った写真や動画、仕事や趣味の上での大事なデータなどを保存しているという場合も多いことでしょう。

ですので、定期的にハードとしての異常が無いかどうか、チェックしておくことがお薦めです。

そのためにスキャンディスクなどのwindows純正のコマンドツールが良く用いられます。

通常、スキャンディスクを起動する場合、まずDOS窓というプログラムを起動します。キャラクターインターフェースでの作業になります。ここで問題になるのが、スキャンディスクだと不良セクターの情報が表示されずに終了することです。

それで、スキャンディスクを使用せず、チェックデイスクを用いる場合が多いようです。

チェックデイスクは、外付けhddでもエラー情報を表示します。

もし見つかれば、コマンドの起動方法を変更し、修復プログラムを走らせることも可能です。

外付けhddの場合、システムとして常時必要なドライブではないので、プログラムからマウントの解除を尋ねてきます。

そのままyesと答えれば、時間はかかるかもしれませんが、修復されるでしょう。その間、電源を落としたりしないように注意です!!

修復が終われば、結果を見ることができるはずです。

関連コンテンツ

ハードディスクの寿命

最近のパソコンは昔のと違い、ハード・ディスクの容量が増えてきているので、ついついデータをたくさん保存してしまいがちですね。 しかし、ハードディスクのクラッシュというのは実に簡単に起こるときは起こ・・・