パソコン・ハードディスクが壊れたら・・・のTOPに戻る

ハードディスクの寿命


最近のパソコンは昔のと違い、ハード・ディスクの容量が増えてきているので、ついついデータをたくさん保存してしまいがちですね。

しかし、ハードディスクのクラッシュというのは実に簡単に起こるときは起こるのです。



ハードディスクは、起動していない時はヘッドが退避エリアにあり、壊れることはあまりないのですが、使用中に振動を与えると簡単にクラッシュします。また起動中に電源を突然切ってしまったりすると、壊れることもあります。

こんな簡単なことでクラッシュすることもあるのです。


ハードディスクは、結構簡単にクラッシュするときは壊れますので、バックアップは常にとるようにしましょう。

また多くの方が使用した実感から、ハードディスクの寿命というのは、「約5年くらい、時間にして2万時間位」だと言う方が多いようです。

使用方法にもよるでしょうが、落としたり、電源を突然切ったりということがなければ、普通に使用していれば、それぐらいかなという感じですね。

もちろん運が悪ければ、それよりかなり早く壊れることも多々ありますので、買ったばかりのパソコンでも大事なデータはバックアップをとるのが肝要ですね!!

関連コンテンツ

外付けハードディスクとスキャンディスク

外付けhddは、最近は大容量のものが目立ちますね。 システムドライブ以外の場所で、家庭やオフィスで大事なデータを保管するためにはマストアイテムとも言えます。 外付けhddに、かなり大事なデ・・・